コリン・ファレルvsジュード・ロウ!幻の『バットマンvsスーパーマン』映画、内容がダークすぎ

コリンvsジュードのバトルが実現してたかも! - 写真は映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』より
コリンvsジュードのバトルが実現してたかも! - 写真は映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』より - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 2000年代初頭に企画された幻の『バットマンvsスーパーマン』映画について、『バットマン フォーエヴァー』などの脚本家で知られるアキヴァ・ゴールズマンが、Colliderのインタビューで内容の一部を明かした。

まっ、まぶしい!海パン一丁のジュード・ロウ【画像】

 DCヒーロー・バットマンとスーパーマンが激突する映画は、2016年にザック・スナイダー監督が『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』として製作している。しかし、米ワーナー・ブラザースはそれ以前に二大ヒーローが対峙する映画を企画しており、監督には『ネバーエンディング・ストーリー』のウォルフガング・ペーターゼンが就任し、バットマンをコリン・ファレルが、スーパーマンをジュード・ロウが演じる予定だった。

[PR]

 『セブン』のアンドリュー・ケヴィン・ウォーカーから脚本を引き継いだアキヴァは、「私たちはプリプロダクション(撮影前の準備作業)に突入していたんだ。映画は最高にダークな作品だったよ」と同サイトで企画を振り返っている。アキヴァの言葉通り、映画はバットマン=ブルース・ウェインの執事アルフレッドの葬式で幕を開け、ブルースが恋に落ちてバットマンを辞め、宿敵ジョーカーがブルースの妻を殺害する(しかも妻の愛は、ジョーカーがブルースを破滅させるための偽り)といった凄まじい内容だったという。

 残念ながら企画は頓挫し、コリンとジュードが共演する『バットマンvsスーパーマン』は幻となった。アキヴァは「当時、様々なストーリーを一緒に脚本に落とし込めましたが、それらが世界観にうまく着地しなかったんです」と語っている。

 ちなみに、バットマン役にキャスティングされていたコリンは、マット・リーヴス監督によるバットマン新作映画『ザ・バットマン(原題) / The Batman』(2021年6月25日全米公開)で悪役ペンギンを演じている。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]