松岡昌宏「家政夫のミタゾノ」パート4、4月放送 伊野尾慧、飯豊まりえの新体制

パート4は松岡昌宏、伊野尾慧、飯豊まりえのトリオ!
パート4は松岡昌宏、伊野尾慧、飯豊まりえのトリオ! - (C)テレビ朝日

 TOKIO松岡昌宏が女装した家政夫にふんする人気ドラマ「家政夫のミタゾノ」のパート4が、テレビ朝日系の4月クール(毎週金曜午後11時15分~0時15分)に放送されることが明らかになった。前作から Hey! Say! JUMP伊野尾慧が続役するほか、新キャストとして女優の飯豊まりえが出演。松岡は「ミタゾノが始まってからの4年間、常にミタゾノのことは頭にありますね。先日も夢でドラマの撮影をしていました(笑)」とジョークを交えつつ、「今回も大いに世相を反映した内容になってくると思いますので、スカッとさせますよ! お任せください!」と意気込んでいる。

伊野尾慧、川栄李奈らパート3のキャスト陣【画像】

 ドラマは2016年10月クールで初放送後、2018年4月クールにパート2、2019年4月クールにパート3が放送。女装した家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる/松岡)が、依頼人の家庭の内情を覗き見し、“根深い汚れ”までもスッキリ落としていく痛快なストーリーはもちろん、三田園が毎回披露する超絶家事スキルなどが人気を博している。パート4では、ダンスレッスンに勤しむ傍ら家政夫業を続ける村田光(むらた・ひかる/伊野尾)、人間観察が趣味の新人家政婦・霧島舞(きりしま・まい/飯豊)と共に、三田園が依頼人のもとを訪れる。

[PR]

 シリーズ4作目を迎える本作について、松岡は「素直にとてもうれしい気持ちです。やはり芝居をする者として、シリーズものができるということはそのキャラクターやチーム、作品の作り方などすべてをひっくるめて、視聴者の皆さんに認めていただけたということだと思うんです」と感慨深げ。「もちろん、2作目も3作目もうれしかったのですが、4作目はまた格別。今回は飯豊まりえさんという新しい力もいただき、慣れることなく、この座組でしかできない『家政夫のミタゾノ』をお届けしたいと思っています」と新体制の「ミタゾノ」に期待を込める。

 パート3から続役の伊野尾は、「もう一度『家政夫のミタゾノ』に呼んでいただけるとは思ってもいなかったので、すごくうれしいです! 正直、ウチの事務所(ジャニーズ事務所)は後輩もたくさんいて、今回は下手したらそちらに代わってしまうのではないかと思っていたので……(笑)」と正直なコメント。「前回たくさんの反響がありましたし、すごく良かったとお褒めの言葉もいただいたので、プレッシャーもありますが、期待に応えられるよう、そして作品が盛り上がるよう、また新たな気持ちで頑張ります!」と自信たっぷりに語っている。

[PR]

 新たにシリーズに加わる飯豊は、忖度や嘘が苦手で、人間性を見抜くことが得意な家政婦という役どころ。主演の松岡とは、2019年放送の「必殺仕事人」で共演経験がある飯豊は「昨年『必殺仕事人』でご一緒させていただいたのですが、その時に『家政夫のミタゾノ』の現場がとても楽しいとおっしゃっていたので、撮影現場に行くのが今から楽しみです」と期待を寄せており、「出来上がったチームに入っていくのはいつも緊張しますが、早く溶け込めるよう自分なりに頑張りたいです」と初の家政婦役への意気込みを明かしている。

 パート4には、三田園が所属する「むすび家政婦紹介所」の所長・結頼子(余貴美子)をはじめ、式根志摩(しゅはまはるみ)、阿部真理亜(平田敦子)ら家政婦も登場。前作と同じく、脚本を小峯裕之らが担当。演出を片山修小松隆志らが手掛ける。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]