佐野勇斗&飯豊まりえ、恋する女性にエール!「僕だけが17歳の世界で」裏話も

美男美女!佐野勇斗&飯豊まりえ
美男美女!佐野勇斗&飯豊まりえ

 人気俳優の佐野勇斗飯豊まりえが16日、主演を務めるAbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」の東京・モード学園で行われた試写イベントに出席し、恋する女性ファンにエールを送った。

佐野勇斗&飯豊まりえ、2人でポーズ!【写真】

 本作は、幼なじみの男女の切ない恋模様を描くファンタジーラブロマンス。「恋する女子プレミアム試写イベント」と題し女性約450名を集めたこのイベントでは、ドラマ1話の先行上映が行われた。その後、佐野と飯豊がステージに登壇すると、観客からは大きな拍手と歓声が巻き起こった。

[PR]

 まず主演の意気込みを聞かれた佐野は「座長(主演)として頑張ろう! 引っ張っていこうという感じではなくまずは自分のことを頑張ろう、明るくやろうと思っている」とコメント。「自分の作品をいつもは客観的に観れないんですけど、今回は観れました。1話の最後の芽衣ちゃんのシーンいいよね。あの時の表情みて、こういう顔か! やるやん!(笑)って、思いました」と話すと、飯豊は「そのシーン実は最初は涙が出なくて、撮りなおしたんです。クランクイン3日目くらいだったので気持ちがまだ持って行けてなくて撮り直しさせてもらってワンテイクで撮りました」と撮影の裏側を語った。

佐野勇斗
どの角度からもカッコイイ!

 演じる上で意識したことは「17歳感」だという佐野。「高校生の役をいただくことはあるけど、今回は僕だけが17歳で周りみんな大人になっちゃうので、撮影時によく『17歳の設定だよー』と監督から言われました」と打ち明けると、飯豊が「カッコよくなっちゃうんですよ! 普通にやっちゃうとカッコよく見えちゃうからって言われてました(笑)」と暴露。それを受けて佐野が「“カッコよく見える”じゃなくて、大人っぽく見えるほうのカッコイイだと思います(笑)。シリアスなシーンとかだとやっぱりカッコよくなっちゃうみたいで……」と話すと会場は多いに盛り上がった。

[PR]

 1話のお気に入りシーンを聞かれると、佐野は「高校時代の5人のシーンって多いわけじゃないのですが公園でみんなで食べたり諏訪湖を見下ろす場所で写真撮るシーンは楽しかった」と明かすと、飯豊が「あの時、佐野さんが結木滉星さんの手をめっちゃ叩いてて、あれ、アドリブだよね? 手が真っ赤になっていたよね(笑)」と話して会場の笑いを誘った。

 イベントの後半では、会場の観客450名に対して“恋にまつわる質問”を実施。観客に向けて、“桜が咲くまでに気持ちを伝えられるようにエールを送る”よう言われると佐野は「みんな恋はしていますか? 明日何があるかわからないから今を生きるんだ。今大切な人がいるならすぐ思いを伝えよう!」とコメント。続いて飯豊は「気持ちを伝えたらどう思われるかな? とか思うと思うけど、答えは相手が教えてくれるから、一回伝えるのがいいんじゃないかな! 自分が伝えないと相手がどう思ってるかわからないからね!」とエールを送った。

 飯豊から「男性代表としてどう告白されたらきゅんとくるのか教えてほしい!」と質問された佐野は「電話とかがいいんじゃないですかね? この時代にはあまりないかな(笑)。あ、手紙とかいいんじゃないですか! 考える時間もあるし気持ちもこもるしね」と男性側の視点で回答。会場はさらに盛り上がりを見せた。

[PR]

 最後に、佐野は「今回の作品は恋愛ドラマですが、回を追うごとにまた違った人間ドラマが見られると思いますし、悲しいことを乗り越えて前向きに進む気持ちになるドラマになっているのでぜひ周りの人に広めてほしいです!」とメッセージを述べ、飯豊は「このドラマを観て心が晴れたらいいなと思うし、大切な人を思って観てほしいです。ドラマ離れといわれているこの時代に、こうやって作品をみなさんにお届けでき嬉しいです!」と締めくくった。(編集部・小山美咲)

AbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」は2月20日よる11時よりAbemaSPECIALチャンネルで放送(全8話)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]