『フェアウェル』が作品賞!インディペンデント・スピリット賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
作品賞の『フェアウェル』、日本公開は4月10日
作品賞の『フェアウェル』、日本公開は4月10日 - (C) 2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 現地時間8日、第35回インディペンデント・スピリット賞が発表され、中国系アメリカ人のルル・ワン監督が手掛けた映画『フェアウェル』が作品賞を受賞した。

泣ける…『フェアウェル』日本版予告編【動画】

 『フェアウェル』は作品賞に加えて、助演女優賞(チョウ・シュウチン)も獲得。主演男優賞は『アンカット・ダイヤモンド』のアダム・サンドラー、主演女優賞は『ジュディ 虹の彼方に』のレネー・ゼルウィガーが受賞している。また、国際映画賞はポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』に贈られた。第35回インディペンデント・スピリット賞の主な受賞結果は以下の通り。(編集部・倉本拓弥)

[PR]

■作品賞
『フェアウェル』

■監督賞
ジョシュ・サフディ&ベニー・サフディ 『アンカット・ダイヤモンド』

■主演男優賞
アダム・サンドラー 『アンカット・ダイヤモンド』

■主演女優賞
レネー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に』

■助演男優賞
ウィレム・デフォー 『ザ・ライトハウス(原題) / The Lighthouse』

■助演女優賞
チョウ・シュウチン 『フェアウェル』

■ロバート・アルトマン賞(アンサンブル賞)
マリッジ・ストーリー

■国際映画賞
『パラサイト 半地下の家族』

■脚本賞
ノア・バームバック 『マリッジ・ストーリー』

泣ける…『フェアウェル』日本版予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]