『蜜蜂と遠雷』毎日映画コンクールで日本映画大賞!最多タイ3冠

映画『蜜蜂と遠雷』より
映画『蜜蜂と遠雷』より - (C)2019映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

 第74回毎日映画コンクールの受賞結果が発表され、松岡茉優主演の『蜜蜂と遠雷』が日本映画大賞、監督賞(石川慶)、スポニチグランプリ新人賞(鈴鹿央士)の最多3冠という結果になった。稲垣吾郎主演の『半世界』が、女優助演賞、脚本賞、録音賞でタイとなる3冠を獲得した。

【動画】日本映画大賞受賞『蜜蜂と遠雷』

 対象作品は、2019年1月1日から12月31日までに国内で14日間以上劇場公開された映画(アニメーション、ドキュメンタリーは完成または上映した作品)。日本映画大賞に輝いた『蜜蜂と遠雷』は、直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の同名小説が原作。かつて天才少女と呼ばれながら挫折を味わった栄伝亜夜(松岡)ら4人のピアニストたちが国際ピアノコンクールに臨む姿が描かれた。スポニチグランプリ新人賞を受賞した鈴鹿央士は100人を超えるオーディションから抜擢され、正規の音楽教育を受けずにして類まれな才能を持つ風間塵を好演した。

[PR]

新聞記者
シム・ウンギョンが女優主演賞を受賞した『新聞記者』(C)2019「新聞記者」フィルムパートナーズ

 日本映画優秀賞は、東京新聞記者・望月衣塑子の著書を原案にした社会派サスペンス『新聞記者』(藤井道人監督)が選ばれ、女優主演賞に輝いたシム・ウンギョンと合わせて2部門で受賞。男優主演賞は『カツベン!』(周防正行監督)の成田凌に贈られ、美術賞と合わせて同じく2部門の受賞となった。外国映画ベストワン賞はホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』、特別賞は衣装の宮本まさ江に決まった。

 表彰式は2月13日、ミューザ川崎シンフォニーホールで開催。なお、今年から表彰式の模様は毎日映画コンクール公式ホームページ(https://mainichi.jp/mfa/)、TSUTAYAプレミアム無料ライブ配信特設ページ(http://tsutaya.jp/mfa_p/)でライブ配信、1週間見逃し配信される。

[PR]

 毎日映画コンクールは、毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社が、日本映画産業の振興に寄与し国民に映画の楽しさを広く伝えることを目的に1946年に創設。演技、作品、撮影や美術、録音などのスタッフなど、幅広い部門を設けている。各賞の選考は、第一線で活躍中の映画評論家やジャーナリスト、専門家など約70人が関わっている。(編集部・石井百合子)

第74回毎日映画コンクール受賞結果は以下の通り。

日本映画大賞:『蜜蜂と遠雷』(石川慶監督)
日本映画優秀賞:『新聞記者』(藤井道人監督)
外国映画ベストワン賞:『ジョーカー』(トッド・フィリップス監督)
男優主演賞:成田凌『カツベン!』
女優主演賞:シム・ウンギョン『新聞記者』
男優助演賞:吉澤健『凪待ち
女優助演賞:池脇千鶴『半世界』
スポニチグランプリ新人賞:鈴鹿央士『蜜蜂と遠雷』
スポニチグランプリ新人賞:関水渚『町田くんの世界
田中絹代賞:風吹ジュン
監督賞:石川慶『蜜蜂と遠雷』
脚本賞:阪本順治『半世界』
撮影賞:クリストファー・ドイル『ある船頭の話
美術賞:磯田典宏『カツベン!』
音楽賞:RADWIMPS『天気の子
録音賞:藤本賢一『半世界』
アニメーション映画賞:『海獣の子供』(渡辺歩監督)
大藤信郎賞:『ある日本の絵描き少年』(川尻将由監督)
ドキュメンタリー映画賞:『えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤滋』(伊勢真一監督)
TSUTAYAプレミアム映画ファン賞 日本映画部門:『凪待ち』
TSUTAYAプレミアム映画ファン賞 外国映画部門:『ジョーカー』
特別賞:宮本まさ江(衣装)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]