『キャッツ』新予告で豪華キャストが歌い踊る!

ポスタービジュアル
ポスタービジュアル - (C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

 1981年のロンドン初演以来、全世界累計観客動員数8,100万人、日本公演通算1万回を記録した大ヒットミュージカルを実写映画化する『キャッツ』(2020年1月24日公開)の新たな予告編及び、ポスタービジュアルが公開となった。

【動画】秘密の舞踏会開催!『キャッツ』新予告

 ノーベル文学賞を受賞したイギリスの詩人、T・S・エリオットの詩集に基づくミュージカルを、『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督が映画化する本作。主人公ヴィクトリアを演じるフランチェスカ・ヘイワードをはじめ、ジェニファー・ハドソンジェームズ・コーデンテイラー・スウィフトジュディ・デンチジェイソン・デルーロイドリス・エルバイアン・マッケランレベル・ウィルソンら芸達者なスターが集結。製作総指揮に、映画監督のスティーヴン・スピルバーグ、ミュージカル界の巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーが名を連ねる。

[PR]

 第1弾予告ではジェニファー・ハドソンが熱唱する名曲「メモリー」などの音楽や個性豊かな猫たちがひしめく世界観をフィーチャーしていたが、新予告は猫たちの特別な舞踏会を巡るストーリーを伝えるものに。映像は長老猫オールドデュトロノミー(ジュディ・デンチ)の「今夜は特別な夜 生まれ変わることができる 一匹の猫が選ばれる」の言葉からスタートする。

 ロンドンの片隅のゴミ捨て場に迷い込んだ、若く臆病な白猫ヴィクトリア。彼女は、新しい人生を生きることを許される一匹を選ぶオールドデュトロノミーの「見極めるのは魂よ」という言葉に導かれながら、歌やダンスで自身を表現しようとする猫たちに出会う。「選ばれるのは私だ」と豪語する猫や、ぽっちゃり体形の猫、奇跡を願う猫……。バレエ、ヒップホップ、タップなど、彼らが繰り出す鮮やかなダンスも見ものだ。(編集部・石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]