『ゾンビランド』10年ぶり続編、映像が初公開!

あの4人が帰ってくる!(写真はYouTube『ゾンビランド:ダブル・タップ(原題)』海外版予告編のスクリーンショット)
あの4人が帰ってくる!(写真はYouTube『ゾンビランド:ダブル・タップ(原題)』海外版予告編のスクリーンショット)

 現地時間25日、人気ホラーコメディー『ゾンビランド』(2009)の10年ぶりとなる続編『ゾンビランド:ダブル・タップ(原題) / Zombieland: Double Tap』の海外版予告編が、米ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント公式YouTubeチャンネルで公開された。

【動画】映画『ゾンビランド:ダブル・タップ(原題)』海外版予告編

 『ゾンビランド』は、人類の大半がゾンビと化した世界を舞台に、オタクの青年が「生き残るためのルール」を作りながらサバイバルの旅を繰り広げるホラーコメディー。青年コロンバス役をジェシー・アイゼンバーグが務めたほか、彼と共に旅をする屈強な男タラハシーをウディ・ハレルソン、美人詐欺師姉妹のウィチタ&リトルロックをエマ・ストーンアビゲイル・ブレスリンが演じていた。

[PR]

 続編には、ジェシーをはじめ主要キャスト4名がカムバック。予告編では、銃をぶっ放し、ゾンビを蹴散らす彼らの姿が確認できる。アビゲイルふんするリトルロックもすっかり大人になっており、タラハシー(ウディ)に対して「いい加減、お嬢ちゃんと呼ぶの止めて」と放つ場面も収録されている。

 また、無人と化したホワイトハウスで4人が無邪気に遊ぶ姿など、前作から仲が深まっている様子もうかがえる。映像のラストでコロンバスとタラハシーにそっくりな人物が登場するなど、本作でも個性あふれる新キャラクターが登場することを予感させる。

 メガホンを取ったのは、前作に引き続きルーベン・フライシャー監督。脚本は『デッドプール』のレット・リースポール・ワーニックと、『GODZILLA ゴジラ』のデヴィッド・キャラハムが共同で執筆した。新キャストとして、「Marvel デアデビル」のロザリオ・ドーソン、『ロキシー』のゾーイ・ドゥイッチ、『キューティ・ブロンド』シリーズのルーク・ウィルソンが名を連ねている。10月18日全米公開。(編集部・倉本拓弥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]