満島ひかり、吉永小百合と親子演じる『最高の人生の見つけ方』で7年ぶり2度目の共演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
主人公の娘・美春を演じる満島ひかり - (C) 2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

 女優の満島ひかりが、吉永小百合主演の映画『最高の人生の見つけ方』で、『北のカナリアたち』(2012)以来7年ぶり2度目の共演を果たすことが明らかになった。本作で、吉永演じる主人公・北原幸枝の娘を演じる満島は、「今までにない気持ちを、撮影現場でたくさん見つけた感じがしています」と撮影を振り返っている。また、歌手の前川清も、幸枝の夫・孝道役で出演する。

【画像】『最高の人生の見つけ方』での吉永小百合と天海祐希

 本作の原案は、ジャック・ニコルソンモーガン・フリーマン共演で2007年に公開された同名映画。余命宣告を受けた男性二人が、死ぬまでにやっておきたいことを実行するために旅へと繰り出すさまを描いた作品だ。日本版では、設定を女性に変更し、人生を“家庭”に捧げてきた主婦・幸枝(吉永)と仕事一筋の女社長・マ子(天海祐希)が、病院で出会った少女が持つ「死ぬまでにやりたいことリスト」を実行していく。

[PR]

 満島が演じる北原美春は、女性誌で働くしっかり者のキャリアウーマン。その性格がゆえに、母・幸枝から家事をお願いされても、家族の面倒は見られないと憤ってしまう役どころだ。両親役を務める吉永と前川について、「お二人の娘でいられた私は、幸せ者です。上手に言えませんが、とても大切な日々でした」とコメント。実力派女優の二人が、どのような親子を演じるのか期待が高まる。

前川清演じる北原孝道 - (C) 2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

 一方の前川は、吉永と歌番組での共演はあるものの、映画では初共演。『旅の贈りもの 明日へ』(2012)で主演経験もある前川は、本作で吉永演じる妻がガンを患ったことも知らず、家事も任せっぱなしの夫を演じる。今回の出演について、吉永から指名を受けたそうで、「まさか映画で吉永さんの夫を演じる日がくるとは、夢にも思いませんでした。吉永さんにご指名いただけたことは、本当に光栄なことです」と心境を明かしている。娘役の満島と合わせて、三人の家族関係も気になるところ。

 メガホンをとったのは、『のぼうの城』『猫は抱くもの』などの犬童一心監督。アダプテーション脚本には、犬童監督をはじめ、『あのコの、トリコ。』などの脚本を手掛けた浅野妙子、実写映画『BLEACH』などをプロデュースした小岩井宏悦が名を連ねる。(編集部・倉本拓弥)

映画『最高の人生の見つけ方』は2019年秋全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]