『キャプテン・マーベル』メイキング映像公開 オスカー女優が脅威の役づくり!

トム・クルーズばり?! の役づくりに挑んだキャプテン・マーベル
トム・クルーズばり?! の役づくりに挑んだキャプテン・マーベル - (C) Marvel Studios 2019

 映画『アベンジャーズ』シリーズのマーベルスタジオ最新作『キャプテン・マーベル』(3月15日公開)から、主演ブリー・ラーソンの本格的な役づくりを追ったメイキング映像が公開された。

【動画】『キャプテン・マーベル』メイキング

 本作は、1990年代の地球に降り立った謎の女性キャプテン・マーベルと、彼女の失われた記憶に隠された秘密を狙う敵勢力との攻防を描くサスペンスアクション。マーベルスタジオ初となる、女性主人公の単独映画となり、『ルーム』(2016)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンがキャプテン・マーベルを演じる。

[PR]

 公開されたメイキング映像では、オスカー女優ブリーの徹底した役づくりが明らかに。ヒーローの肉体になるため撮影9か月前からトレーニングを敢行し、「空軍パイロットと同じ精神を持っている」という彼女を演じるため、実際の戦闘機に搭乗して空中戦シミュレーションを体感。その徹底したスタイルは、ヘリの操縦からスタントまでほぼ全てを自らこなす大スター、トム・クルーズを思わせる。

 そんな彼女が演じるキャプテン・マーベルは、圧倒的な強さを誇る一方で、記憶を失った不安から、心と能力のコントロールができていない不安的な一面も。どんな逆境も持ち前のユーモアと不屈の精神で切り抜ける複雑なキャラクターは、まさに実力派女優である彼女にしか演じられない当たり役といえるだろう。

 また、彼女と地球人のエージェント、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)のコンビも見どころ。ニックといえば、後にアイアンマンやキャプテン・アメリカらを招集し、最強チーム“アベンジャーズ”を結成する人物。本作は、アベンジャーズ誕生のきっかけを明かすと共に、4月に公開を控える『アベンジャーズ/エンドゲーム』につながる一本でもある。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]