ディズニー『くるみ割り人形と秘密の王国』吹替キャストに小芝風花・坂本真綾・小野賢章!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
本作で声優に初挑戦する小芝風花 - (C) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ディズニー映画『くるみ割り人形と秘密の王国』の日本語吹替キャストが発表され、女優の小芝風花、声優の坂本真綾小野賢章が参加することが決定した。

【動画】『くるみ割り人形と秘密の王国』本予告編

 声優初挑戦となる小芝は、マッケンジー・フォイ演じる主人公クララの声を担当。2014年公開の映画『魔女の宅急便』のキキ役で脚光を浴び、翌年にはNHK連続テレビ小説「あさが来た」に出演するなどスター街道を歩んでいる彼女は、今回の声優参加について「まさか、ディズニーというだけでも嬉しいのに、『くるみ割り人形』という作品で声をやらせてもらえるんだというのは本当に嬉しかったです」と喜びのコメント。

[PR]

 また、自身が声を担当するクララを「凄く頭のいい女の子で、機械いじりとかが得意で、他の女の子が持っていない所をいっぱい持っている女の子」と分析。クララとの共通点については、「(クララが)母とか近い人からの一言で自信を持った時の行動力とか、パンってたった一言なのにこんなに自信を持っているんだという所は、似ているのかなと思った」と語っている。

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの真希波・マリ・イラストリアス役などで知られる坂本は、“お菓子の国”の統治者シュガープラム(キーラ・ナイトレイ)役を担当。『ハリー・ポッター』シリーズのハリー役などで知られる小野は、クララを別世界へと誘うくるみ割り人形フィリップ役を務める。実力派声優たちの吹替えにも注目だ。

左下から日本語吹替キャストの小芝風花・坂本真綾・小野賢章

 名作バレエとしても有名な「くるみ割り人形」を実写化した本作は、“雪の国”、“花の国”、“お菓子の国”、“第4の国”からなる秘密の王国を舞台に、少女クララの冒険を描くファンタジー。マッケンジーやキーラをはじめ、ヘレン・ミレンモーガン・フリーマンら豪華キャストが集結。メガホンを取ったラッセ・ハルストレム監督と、追加撮影を担当したジョー・ジョンストン監督が生み出す幻想的な世界観も見どころとなっている。(編集部・倉本拓弥)

映画『くるみ割り人形と秘密の王国』は11月30日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]