キンプリ平野紫耀、平祐奈とダブルで天然ボケさく裂!

名司会と天然ぶりで会場を沸かせた平野紫耀
名司会と天然ぶりで会場を沸かせた平野紫耀

 King & Prince平野紫耀が31日、都内で行われた映画『honey』公開初日舞台あいさつに登壇し、初めてのMC業や、くまのプーさんのものまねで会場を沸かせた。イベントには、平祐奈横浜流星水谷果穂浅川梨奈SUPER☆GiRLS)、佐野岳高橋優神徳幸治監督も登場した。

【写真】イケメンが集合した初日舞台あいさつ

 本作は、目黒あむの人気コミックの実写映画化。真っ赤な髪と鋭い眼光で“超不良”と恐れられている鬼瀬大雅(平野)が、ビビリの女子高生・小暮奈緒(平)に「結婚を前提に付き合ってください」とプロポーズしたことからはじまる、もどかしい初恋と青春を描く。

[PR]

 この日の模様は全国にライブ中継されているとあり、それぞれの“お国”言葉であいさつすることになった平野は、「僕、でら平野紫耀です」と切り出すが、“でら”は“ものすごく”といった意味を持つため、「あれ? 僕、名古屋出身なんですが、ふと名古屋弁を忘れてしまうハプニングが起きてまして……」と照れ笑い。気を取り直して、「でら楽しんでいこうまい」と呼び掛けると、続く平も、姉・愛梨が住んでいる国であることから勘違いしたのか、「ボンジョルノ~」とイタリア語で陽気にあいさつして、「あれ? わたし、どこの人だっけ?」と自問自答。二人とも、のっけからいつもの天然をさく裂させた。

 そんな中、劇中に出てくる108本のバラと本作テーマ「はじめての恋」にかけて、“108のはじめて”に挑戦中の平野は、本イベントで初MCにチャレンジすることに。やる気満々で「さぁ! とういうことで……」と勢いよく始めるも、本物のMCから「古いタイプの司会者はやめてもらっていいですか?」と早速のダメ出し。しかし、その後は順調で、初めてとは思えない司会ぶりを発揮した。

 そんな平野について高橋は、自身のラジオ番組にゲスト出演した時を振り返り、「優くんとお話しすると緊張がほぐれる」と言っていた平野に「緊張することあるんだ」と驚くも、「いや、緊張しないです!」と返されたという、天然エピソードを暴露。

 さらに平野は、“くまのプーさん”のものまねも披露するが、声色を変えての「プーさんだよ」という発言に、MCから「プーさんは自分で『プーさんだよ』と言いますかね?」とツッコまれると、「くまさんだよ!」と言い直し。天然爆発の平野にファンからは黄色い歓声があがっていた。(取材:錦怜那)

映画『honey』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]