U2が勝訴、「アクトン・ベイビー」収録曲の盗用疑惑訴訟で

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
1月30日、米マンハッタンの裁判所は、アイルランド出身の人気ロックバンド・U2が、1991年の大ヒットアルバム「アクトン・ベイビー」の収録曲は盗作だと訴えられていた裁判で、原告の訴えを棄却した。写真は昨年7月撮影
1月30日、米マンハッタンの裁判所は、アイルランド出身の人気ロックバンド・U2が、1991年の大ヒットアルバム「アクトン・ベイビー」の収録曲は盗作だと訴えられていた裁判で、原告の訴えを棄却した。写真は昨年7月撮影 - (2018年 ロイター/Clodagh Kilcoyne)

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 米マンハッタンの裁判所は1月30日、アイルランド出身の人気ロックバンド・U2が、1991年の大ヒットアルバム「アクトン・ベイビー」の収録曲は盗作だと訴えられていた裁判で、原告の訴えを棄却した。

【写真】面影ある?U2ボノの娘は女優!

 訴えていたのは英国のソングライター兼ギタリストのポール・ローズ。「アクトン・ベイビー」に収録された「ザ・フライ」のギターソロ部分は、自身の曲「Nae Slappin」をコピーしたものと主張し、500万ドル(約5億4,000万円)超の賠償を求めていた。

[PR]

 裁判所の判事は、ギターソロ部分は「Nae Slappin」の保護すべきほど重大な部分ではないとした上で、例えそうだったとしてもU2がそれを盗用したとは言えない、と述べた。

 原告、被告双方の弁護士からコメントは得られていない。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]