「池袋ウエストゲートパーク」ミュージカル化!マコト役に大野拓朗

テレビドラマ版で長瀬智也が演じたマコト役に抜擢された大野拓朗
テレビドラマ版で長瀬智也が演じたマコト役に抜擢された大野拓朗

 2000年にTOKIO長瀬智也主演、宮藤官九郎の脚本によりテレビドラマ化された石田衣良の小説「池袋ウエストゲートパーク」がミュージカル化されることが決定した。ドラマで長瀬が演じたマコトを、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(2016)やテレビドラマ&映画「猫忍」(2017)などの大野拓朗が演じる。

【写真】テレビドラマ版「IWGP」のキャストたち

 原作の「池袋ウエストゲートパーク」は石田のデビュー作で、オール讀物推理小説新人賞を受賞。池袋西口公園(ウエストゲートパーク)に集う若者、チンピラ、警官、街の人々、悪の黒幕たちの人間模様を描いたシリーズ連載小説。堤幸彦金子文紀らが演出を手掛けたテレビドラマ版には、通称“キング”のカラーギャングを演じて注目を浴びた窪塚洋介をはじめ、加藤あい、山下智久坂口憲二妻夫木聡高橋一生佐藤隆太阿部サダヲ小雪らが今やスターとなった面々が多く名を連ねていた。

[PR]
池袋ウエストゲートパーク
ダンスシーンにも期待!

 東京芸術劇場では一般都民が参加できるダンスエンターテインメントを創出すべく、2013年、2015年に「池袋ウエストゲートパーク」を題材としたワークショップを実施。同ワークショップを手掛けてきた演出家、舞台美術家・杉原邦生(KUNIO主宰)の演出と、劇作家、演出家・柴幸男(ままごと主宰)の脚本・作詞、北尾亘(Baobab主宰)の振付により、今年シアターウエストでのトライアル公演に挑む。

 本作の主人公で、高校卒業後、母親の果物屋の手伝いをしながら池袋のトラブルシューターとして活躍するマコト役に映画やテレビドラマのほか故・蜷川幸雄演出の「ヴェニスの商人」(2013)など舞台経験もある大野拓朗が決定。かねてから石田衣良のファンで、テレビドラマ版もリアルタイムで観ていたという大野は「マコトやキングを始め、カリスマたちの輪の中に入りたいとずっと思っていました。それが本当に叶うなんて。それもマコトとして生きることができるなんて。感激です」と出演の喜びを語っている。

[PR]

 “キング”ことタカシやストリートギャング“レッドエンジェルス”のヘッド・京一、ビデオジャーナリスト横山(舞台版では男性が演じる)、Gボーイズメンバー、レッドエンジェルスメンバーらマコトを取り巻く面々は、2度にわたるワークショップの出演者及び2016年の年末に行ったオーディション参加者たちの中からキャスティングされる。また、作品のハイライトでもあるチーム同士の抗争シーンでは、公募を勝ち抜いたストリートダンスカンパニーが日替わりで出演し、観客の反応で勝敗を決する「ダンスバトル」形式での上演を予定しているという。(編集部・石井百合子)

「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」は東京芸術劇場シアターウエストにて2017年12月23日~2018年1月14日、兵庫県立芸術文化センター中ホールにて2018年1月19日~21日上演予定※両公演ともに10月チケット発売開始予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]