エアロビ題材の新海外ドラマ!「ブレイキング・バッド」バッジャー俳優が主演

主演のマット・ジョーンズ
主演のマット・ジョーンズ - Jeffrey Mayer / WireImage / Getty Images

 80年代に大ブームとなったエアロビクスを題材にした海外ドラマ「レッツ・ゲット・フィジカル(原題) / Let’s Get Physical」の主要キャスト3名が明らかになったと The Hollywood Reporter などが報じた。

【写真】メインキャストの一人、アナリン・マコード(左)

 同ドラマは、ぐうたらなジョー・フォースが主人公。エアロビクスのゴッドファーザーと呼ばれた父親が突然亡くなり、ジョーがボロボロになったジムを含む遺産を条件付きで相続することになる。その条件とは、全米エアロビクス選手権で、フィットネス界で大成功をおさめている宿敵バリー・クロスに勝つこと。

[PR]

 カバーバンドのリードシンガーとして20年にわたり不摂生をしてきたジョーを演じるのは、「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」のネッド・ドーニケット役や「ブレイキング・バッド」のバッジャー役で知られるマット・ジョーンズ。今ではエリートジムのチェーンを経営し、フォース家の財産をジョーから取り上げようとするバリーにふんするのは、「24 TWENTY FOUR」のファイナルシーズンでロブ・ワイスを演じたクリス・ディアマントポロス。ジョーの元カノで、今はバリーの妻となっているクローディアを「新ビバリーヒルズ青春白書」のナオミ役アナリン・マコードが演じる。

 撮影は9月からカナダで始まり、2018年にアメリカで放送が始まる予定。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]