ドラァグ界のカリスマの半生、J・J・エイブラムスがドラマ化

ドラァグクイーンとゲイのカリスマ、ルポール
ドラァグクイーンとゲイのカリスマ、ルポール - Tara Ziemba / Getty Images

 米勝ち抜きコンテスト番組「ル・ポールのドラァグ・レース」などで知られるドラァグ界のカリスマ、ルポールの半生を基にしたドラマが、J・J・エイブラムスによって進行中だと The Hollywood Reporter などが報じた。

【写真】リブートはもういや…J・J・エイブラムス

 「クイーン(原題) / Queen」の仮題で企画中のドラマは30分のドラメディー(ドラマ色の濃いコメディー)で、1980年代のニューヨークを舞台に、ルポールのクラブ出演時代からドラァグクイーンとゲイのカリスマ的存在となり、世界的スーパースターになるまでを描いたフィクションになるそう。

[PR]

 ルポールはエイブラムスと共にエグゼクティブプロデューサーを務め、脚本はテレビドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のゲイリー・レノンが手掛ける。

 「ル・ポールのドラァグ・レース」は6月にアメリカで第9シーズンのフィナーレを放送。視聴率は過去シーズンで最高を記録するほどの人気ぶりだったとDeadlineなどが伝えている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]