クロエ・モレッツ、全身がけいれんする奇病に襲われ…12月日本公開

クロエ・グレース・モレッツが迫真の演技!
クロエ・グレース・モレッツが迫真の演技! - (C) 2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.

 クロエ・グレース・モレッツが主演を務めた映画『Brain on Fire』の邦題が『彼女が目覚めるその日まで』に決まり、12月16日より日本公開される。原作は、全米に衝撃を与えた闘病記「脳に棲む魔物」(スザンナ・キャハラン著)で、正気と狂気の境界線をさまよう原因不明の病に侵された主人公を『キック・アス』などで知られるクロエが体当たりで演じている。

映画『彼女が目覚めるその日まで』フォトギャラリー

 憧れのニューヨーク・ポスト紙で働くスザンナは、付き合い始めたばかりのミュージシャンの恋人スティーヴンとも順調な21歳。ところが、“それ”は突然やって来た。物忘れがひどくなり、大切な取材で大失態を犯してしまう。幻覚や幻聴に悩まされて眠れず、全身がけいれんする激しい発作を起こして入院するが、検査結果は「異状なし」。日に日に混乱し、会話もままならなくなったスザンナを見て、精神科への転院をすすめる医師たち。だが、両親とスティーヴンは、スザンナの瞳の奥の叫びを感じていた……。

[PR]

 2007年に「抗NMDA受容体脳炎」と特定されたこの病は、かつては「悪魔に憑かれた」としてエクソシストが扱ったともされている。本作は、そんな奇病の217人目の患者となったスザンナの7か月にわたる闘病生活と、彼女を支え続けた家族の勇気を描いている。父役は『ホビット』3部作のリチャード・アーミティッジ、恋人スティーヴン役は『ぼくとアールと彼女のさよなら』のトーマス・マンが務め、プロデューサーとして『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のシャーリーズ・セロンも参加している。(編集部・市川遥)

映画『彼女が目覚めるその日まで』は12月16日より角川シネマ有楽町ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]