ドラマ版「リーサル・ウェポン」にリッグスの父登場

写真は「リーサル・ウェポン」シーズン1より
写真は「リーサル・ウェポン」シーズン1より - FOX via Getty Images

 同名大ヒット映画をテレビシリーズ化したドラマ「リーサル・ウェポン」の第2シーズンに、マーティン・リッグス(クレイン・クロフォード)の父親が登場するとTVLineが報じた。

『クリフハンガー』フォトギャラリー

 リッグスの父親は、テキサス時代のフラッシュバックで複数エピソードに登場するとのこと。小さい頃の親子関係から、今のリッグスが抱える問題が見えてくるらしい。父親役は「CSI:マイアミ」でフランク・トリップ刑事を演じたレックス・リン

 ショーランナーのマット・ミラーによると、レックスの起用は「ザ・クラウン」でチャーチル首相を演じたジョン・リスゴーの推薦だったらしい。ジョンとレックスは映画『クリフハンガー』で共演したことがあり、マットは「レックス・リンを雇わなければ君は頭がおかしい!」とジョンに直接電話で言われたという。ジョンの推薦どおりレックスはキャスティングされ、その演技にマットも大満足しているそうだ。(澤田理沙)

[PR]
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]