脊山麻理子アナ、セクシー水着で“性的対象”OK宣言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
大胆な水着で登場した脊山麻理子
大胆な水着で登場した脊山麻理子

 フリーアナウンサーの脊山麻理子が25日、都内で自身3冊目となる水着写真集「miao」の発売記念イベントを開催。イベント前に、女優の清水富美加が著書などで、水着を着ることで男性から性的対象として見られることへの嫌悪感を示したことへ意見を求められると「わたしは自ら好きでやらせてもらっているので、そういう対象で見ていただいて大丈夫です」ときっぱり宣言した。

【写真11枚】ハイレグ水着すごい!脊山麻理子

 同写真集は脊山が以前からあこがれていたというモニカ・ベルッチ主演のイタリア映画『マレーナ』の舞台にもなったシチリア島南東部シラクーサで撮影を決行。テーマは「大人の写真集」で、猫と自身のお尻をポイントに、脊山が大胆なポージングに次々とチャレンジしている。

[PR]

 写真集の完成に脊山は「うれしいです。これで3冊目の写真集。猫をコンセプトに、よりペットのような存在で見てもらえるように頑張って撮影してきました」と笑顔。以前カメラマンにほめられ、うれしかったというお尻は、脊山にとっても自信のあるパーツだといい、美尻維持のため、毎朝6~7キロのウォーキングを欠かさず行っていることも紹介。「どんなお尻の見せ方がいいかもみんなで考えて、桃っぽい感じを大胆にそのまま見せようってことになりました」とうれしそうにコメント。

 水着やプロレスなどアナウンサーの枠を越えた大胆なパフォーマンスが話題となる脊山だが、「面白いと思ったことだったら何でも挑戦したい。そこに山があるから登るという感じ。NGなことはわたしが面白くないと思ったこと」とニヤニヤ。「今年は占いが最強。破壊と創造の神『シヴァ神』がタロット占いで出たんです。今年も思うままに」と意気込むと、「プライベートでもいい出会いがあれば」とぽつり。「見た目、カッコつけている感じより楽しい感じの人が好き。運動が好きなので自分と同じくらい体を鍛えている人がいいな」と理想の男性像も明かしていた。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]