橋本奈々未、涙の卒業ライブで芸能界引退!ファンに盟友にさようなら!

号泣も晴れやかな顔で卒業ライブを終えた橋本奈々未(ソニー・ミュージック提供)
号泣も晴れやかな顔で卒業ライブを終えた橋本奈々未(ソニー・ミュージック提供)

 人気アイドルグループ乃木坂46からの卒業、および芸能界からの引退を発表した橋本奈々未のラストライブが20日にさいたまスーパーアリーナで行われた。橋本にとって24歳の誕生日に行われたコンサートだったが、空はあいにくの雨模様。それでも会場には3万5,000人のファンが集結し、会場は橋本のイメージカラーである緑のケミカルライトの光に包まれた。

【写真】橋本奈々未、号泣!フォトギャラリー

 「泣く予定がなかった」と語る通り、極力涙を見せないようにステージをつとめた橋本。しかし、アンコールに一人でステージに現れ、「(橋本のソロ曲『ないものねだり』では)ないものねだりをしたくないと歌っているけど、こんなにステキな景色を何度も何度も目の前にしているのに、別の道を……」と語り始めると、その瞳からは大粒の涙が。それでもなんとか気持ちを落ち着かせて前を見据えると、「……進みたいと思うのが、一番のないものねだりだと感じています。だけどわたしが選んだその先に正解があると信じています」と力強く付け加えた。

[PR]

002
盟友との抱擁も

 またこの日は、共に乃木坂を支えてきた盟友・白石麻衣が橋本に“初めての手紙”を送る一幕も。「お誕生日おめでとう、そして卒業おめでとう。わたしが乃木坂で過ごした5年半は、ななみん(橋本)の隣にいた5年半でした」という出だしで始まる手紙を白石は、「わたしとななみんは年も同じで、振り付けもシンメトリーだったし、いつしか最高のパートナーだと思うようになりました」と読み上げるが、感極まり涙が止まらない。その姿に橋本ももらい泣きしながらも、言葉をかみしめるように何度もうなずき続けた。

 最後は「心から尊敬しています。橋本奈々未という一人の女の子に出会えたことは人生最高の自慢です。5年半、みんなに幸せをありがとう。これからは、ななみんらしく、最高にカッコいい人生を歩んでください。5年半おつかれさまでした。ずっと、ずっと大好きです」という言葉で締めくくった白石。友の熱い思いを受け取った橋本は、白石ときつく抱擁した。

[PR]
002
最後はみんなに感謝!

 そしてライブは、橋本にとって初のセンター曲「サヨナラの意味」で締めくくり。ゴンドラに乗り込んだ橋本は、“ななみん”コールの中、ひとりでも多くのファンにさよならを言おうと手を振り続けた。

 「タオルを上げている人ありがとう。手を上げている人ありがとう。立っている人みんなありがとう。今日わたしを見てくれた人ありがとう。メンバーみんなありがとう」と呼びかけた橋本は、「みんな時間は大丈夫? 電車は大丈夫?」と最後までファンのことを気に掛け、「5年半、本当にお世話になりました。皆さんの支えがあっての今だと思います。これからも、わたしはわたしらしく頑張ります。皆さんのご多幸をお祈りします。本当に皆さん、ありがとうございました!」とあいさつ。「さようなら」を告げながら頭を下げる橋本を乗せたゴンドラは地上45メートルまで浮上。大勢のファンに見守られながら、アイドルとしての活動にピリオドを打った。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]