隣人に暴行…骨折させた米俳優、被害者に訴えられる

無罪を主張しているアンソニー・マイケル・ホール
無罪を主張しているアンソニー・マイケル・ホール - Amanda Edwards / WireImage / Getty Images

 昨年12月に隣人への暴行で起訴された米テレビドラマ「デッド・ゾーン」などの俳優アンソニー・マイケル・ホールが、被害者に訴えられたとPeopleが報じた。

【写真】アンソニー・マイケル・ホール出演『フォックスキャッチャー』

 アンソニーは昨年9月13日(現地時間)にロサンゼルスのマンション敷地内でリチャード・サムソンさんを突き飛ばすなどして手首を骨折させたほか、背中にもけがを負わせている。

[PR]

 サムソンさんは過失、暴行、故意による精神的苦痛などの訴えを起こしたとのこと。アンソニーに受けた暴行によって神経も痛め、現在も精神的、肉体的、感情的苦痛を被っていると訴状には書かれているという。

 アンソニーは1月に始まった刑事裁判では無罪を主張している。有罪となった場合4年から7年の実刑判決もあり得る。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]