アナキン・スカイウォーカー役からインチキ・ジャーナリスト役に!

第17回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
【インタビューにて撮影】ジャーナリストと俳優は、見ていてエキサイティングなものでなければならない職業だと語るヘイデン・クリステンセン
【インタビューにて撮影】ジャーナリストと俳優は、見ていてエキサイティングなものでなければならない職業だと語るヘイデン・クリステンセン

 一流の政治評論雑誌に記事をねつ造していた実在の記者が追いつめられていく『ニュースの天才』の主演、ヘイデン・クリステンが来日し、インタビューに答えた。ヘイデン・クリステンと言えば「スター・ウォーズ エピソード2」でアナキン・スカイウォーカーを演じた若手注目俳優。今回彼が演じるのは、アナキンとは、自分の中に潜む悪と葛藤(かっとう)するという点では共通点もあるが、まったくタイプの違う人間だ。「スティーブン記者はとても悲しく、不安定な人間。彼を演じるために、僕自身のそういった部分についても掘り下げなきゃならなかったし、そんな面が僕にもあるんだと気づかされたね。演技をするということは自己探索だ」と演技の中に自分自身を見つけたことを告白。また製作にトム・クルーズが名を連ねていることについて「彼は映画全体に関わってくれて、この映画が成功するように尽力してくれたんだ。トムとはこの次もプロジェクトを一緒にやろうって約束したよ」とトム・クルーズとの関係が今後も続くことを明かしてくれた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]